読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタッフォードシャー・テリアと衣笠

肥満(obesity)というのはもちろんあくまで食事内容や運動不足が因子になっていますが、同じボリュームのごはんであったとしても、あっというまに終了する「早食い」をすることにより体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招く可能性があります。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を含んでいる血液、精液を始め、女性の母乳、腟分泌液といったいたる所の体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜などに接触すると、HIVに感染する危険性が出てくるのです。
よく耳にする心筋梗塞とは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の中が細くなって、血流が止まり、酸素や色々な栄養が心筋まで届かず、筋肉細胞そのものが死ぬ大変深刻な病気です。
内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは言われていなくても、臓器の脂肪が多く溜まるようなよくない体重過多を持っている事に縁り、いろんな生活習慣病に罹患しやすくなります。
耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、当事者にしか感じられないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血液の流れのように本人以外の人にも品質の高いマイクロホンを使ってみると聞けるという特徴を持った「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。
食べ過ぎ、肥満、運動不足、遺伝、不規則な生活、精神的・肉体的なストレス、高齢化など多様な素因が混ざると、インスリン分泌が鈍くなったり、働きが衰えたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病を発症するといわれています。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、一番よくある中耳炎で子どもに発症しやすい病気です。猛烈な耳痛や38℃以上の発熱、鼓膜の腫れや炎症、耳漏(じろう)などのさまざまな症状が出るのです。
世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、人体に有害なUV-A波の極度の浴び過ぎが肌に健康障害を誘引するとして、19歳未満の若者がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を使用する行為の禁止を主に先進国に提案しています。
体脂肪の量(somatic fat volume)はさして変化がみられず、体重が食事や排尿等により一時的に増減するような時には、体重が増加すれば体脂肪率は低下し、体重が減ったら体脂肪率が上がります。
薬、酒に含まれるアルコール、合成乳化剤を始めとした食品への添加物などを特殊な酵素で分解し、無毒化する機能の事を解毒と呼んでおり、肝臓の最も大切な役目のひとつです。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、5日前後ちゃんとお薬を飲めば、大抵、8割~9割の人の自覚症状は去りますが、とはいえ食道粘膜のダメージや炎症が治癒したとは断言できないので注意が必要です。
もう歯の表面の骨を脆くさせるほど悪くなってしまった歯周病は、万が一炎症が安定することはあっても、エナメル質が元通りに復活するようなことはまずありません。
音楽会の施設や踊るための広場などに設けられている大型スピーカーの近くで大きな音を浴び続けて耳が聞こえづらくなってしまうことを「音響外傷」と言っているのです。
スギの木の花粉が飛ぶ1月から4月の時期に、乳幼児が体温は平常なのに頻繁にクシャミしたり水っ洟が止まない状態なら、残念ながら『スギ花粉症』の可能性があります。
笑点 無料視聴
UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特徴があり、オゾン層でその一部が吸収されますが、地上まで届いたUV-Bは皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を破損させるなど、肌に悪い影響をもたらすと言われています。